fc2ブログ

はてな移行

とりあえずはてなでしばらくやっていこうと思う。
あっちで不満点があったらfc2に戻ってきてもいいし。
というわけでブログの移転先はこちらです。
http://lunt.hatenablog.com/
スポンサーサイト



はてな移行を検討中

今まで10年近くfc2を使ってきているが、いくつかの不満点があることから他のブログサービスに移行しようと思っている。

第一候補ははてな。fc2の記事をインポートしてみたけど、一部スペーシングがおかしかったりするね。

さあてどうしたものか。

作ってみたはてなブログはこちらです。 http://lunt.hatenablog.com/

卒業式は6月

ついにこの時が来てしまった。

Untitled_20150213141622f47.png


卒業式に参加して学位をもらうための登録手続きをしてくださいとのこと。ついに最後の学期かと思ったら、それももう半分が終わり、残る授業は1.5ヶ月のみ。何をするかも決まっていない状態でカナダにきて一人暮らしを始めた4年前が懐かしい。

新宿のとある私立校に通い、卒業後はどの学校に行くかも決まっていない状態でカナダのモントリオールへ渡航した。高校にいた頃にTOEFLを受けていて、選ばなければ英語圏の大学に入れるぐらいのスコアはあった。それでもモントリオールにこだわったのは、そこが自分の生まれ故郷だから。

小学校の頃から自分は普通にしているだけなのに回りとどうにも合わなかった。日中のハーフだから回りからそういう目で見られたというのが大きいと思う。ちなみに高校3年までは親に言われても自分がカナダ籍を持っていることを信じていなかった。モントリオールにこだわったのは、自分が生まれたらしいところで生活してみることで、自分が自分であることを受け入れる第一歩にしたかったから。

今は単位を落とさないようにしつつ減量を継続!来るべきその時に向けて刃を研ぐのである。

ブログどうしよう

さて、ブログを再び書き始めるにあたって、考えなくちゃいけないことがある。
ブログに何を書いていくかである。

今まではオタワでロードバイクでロングライドしたりレースに参加したりといった内容で書いてきた。でも仕事が始まるとそうもいかないと思う。ロードバイクはあくまで趣味という扱いになって、土日に走ったりとその程度になるかと思う。

仕事だけど、2015年10月入社の予定。入社してしまうとブログで何を書いたらいいのかがさっぱりわからないのである。週末にサイクリングをするだけならブログを書くほどでもないだろう。仕事に関係する話なら、書ける範囲でなら書いていけるが、さてどういう方向性になるのかがまだわからない。

ブログを書くことは義務ではない。書くことが自分にとってメリットをもたらすから書くというのが自分の方針。ではそのメリットとは何になるか。それをもう一度考えなくてはいけない時期に来ている。


まず、自分は仕事を通してやりたいことがある。そんでもってそれができるっぽいところから内定をもらえた。待遇も自分からすると相当良い。具体的にいえば初年度年俸で親父と同じか少し超えるかぐらい。こういったことから、自分の生活はあくまでも仕事が中心になっていくと思う。そうなると、自転車は仕事の為に続けて行くものになると思う。

自分の就職先は俗にいうITコンサルで、総合職として採用された。セールス、コンサルタント、エンジニアのうちどの部署に配属されるかはわからないが、どれも基本的にはオフィスワークになる。仕事で体を動かすことがあまりないから、趣味でそうするというのは体調管理面や頭のリフレッシュという意味でいい組み合わせだ。会社の事業内容からして知識労働がメインになるので、頭のリフレッシュというのは特に大事。

就職する前に奇しくも就職先の仕事に合う趣味を持っていたということになるかと思う。さて、この仕事と趣味のバランスをどう取っていくかというのがこれからは重要になるのではと思っている。とりあえず今シーズンはオタワにいるので、日本に帰ることをもっと意識し始めた頃ぐらいにもう一度考える。

就職活動終わった

2014年10月から本格的に始めた就職活動がやっと終わったみたい。
まだメールでだけど内定の連絡をもらった。
結構長いことやってた気もするけど、実際は3か月ぐらいしか活動していなかった。
海外から日本で就職をするというハードルもさることながら、中間や期末試験で忙しいときにロサンゼルスに行ったりボストンに行ったり・・。

まあ、とりあえずは落ち着きそうなので時間がある時にブログ更新していこうと思います。
ちなみに初任給でニューバイクは買わないゾ!

しばらく忙しい

ここ数ヶ月ろくな更新をしていない。というのも海外からの就活が本格的にはじまったというのと大学の試験期間に入ったことで自転車どころではないのである。

この冬に希望してる就職先が見つかったら就活は終えると思うので、そしたらまた更新していこうと思う。見つからなかったら・・・・、大学卒業後に帰国して就活をすると思う。減量にまた集中するためにもこの冬で決めたいものである。

雨雨雨雨雨

サンクスギビングを終えてようやく今日からリーディングウィークがはじまったといったところ。今日も軽く外走るかーと天気予報を見てみると・・。

Untitled_2014101502345849c.png

まるで嫌がらせみたいな連続雨雨雨雨雨。

どうせ半分ぐらい外れるんだろと気楽に思いながら空を見上げるか。

就活をしていて気づいたこと

自転車のりの夢。自家用車の廃止。

Untitled_2014100908290248d.png


自転車のりなら自家用車がなくなればと思ったことのある人は少なくないと思う。そんなことは実現不可能というが、それはこの漫画に登場するキャラクターのように既に年を取っている人達である。しかし自分は違う。彼らにとって実現不可能なことでも自分なら出来るかもしれないと思うことがある。就職活動という学生と社会人との間にいるからそう思える。

自家用車のない町を作るとしても別に日本じゃなくていい。海外でそういったインフラを一から作る仕事をすればいいのだ。特に電車といった莫大な設備投資が必要となるインフラがまだない町でというのもアリ。

実際にオタワでは自転車を主な交通手段として生活できている。というかどの公共交通機関より自転車の方が速い。公共交通といったがオタワにはバスしかない。それもオタワ市内と自分の住むガティノーで別のバス会社がある。待ち時間や乗り換えに時間がかかる。どちらも同じグループ会社らしいから一緒にしてくれればいいのに。それでも利用しないが。

自転車をバラさなくても持ち込みできればというが、カナダのバスはできる。持ち込みというかバスの前にキャリアーがあってそこに置くことができる。こういったアイディアは日本でも使えると思う。

ロサンゼルスに行ってみた

ロサンゼルスキャリアフォーラムに行くためにオタワから飛行機で合計10時間ほどかけて行ってきた。自転車も持っていければ現地で走ったのだが今回は滞在日時的にも渡航の目的的にもそうもいかず・・・。


荷物をまとめて家を出発。

1003140916-00.jpg

家から大学までは通学のアルミバイクで移動した。朝7時の便だから4時ごろ家をでたのだが自分の住んでるケベックサイドのバス会社であるSTOは朝はしってない。はしっていたとしても遅いし待つのが面倒なので自転車で行くだろう。

大学のセキュリティバイクパーキングにバイクを止めて近くにあるバス停から空港行きのに乗る。いつも自転車で行ってる空港にバスで行くのは新鮮だったが座ってるだけでつまらないのともしかしたら自転車の方が速いんでねという疑念が生まれた。


飛行機にのってまずはバンクーバーへ到着。約3時間のフライトだった。

1003140916-01.jpg


懐かしいものが売店においてあったから買って食べる。次の便までの待ち時間が2時間弱。しかし日本語がおかしいのである。まあよくあることか。

1003141004-00.jpg


LAに到着してまずは一泊。翌朝は早めに家を出てLAキャリアフォーラムまで電車とバスを使っていく。

1004140710-00.jpg

1004140710-01.jpg


帰りの便で500mlのウォーターボトルがぼったくり値段・・。

1006140949-00(1).jpg

キャリアフォーラム1日目と2日目が無事に終わって今はロサンゼルス国際空港にいる。飛行機の出発時間まで1時間以上あるので暇だからノーパソでブログを更新しようと思ったのである。


そういえばLAのホテルの隣にセブンイレブンがあった。なんか嬉しかった。

1004141736-00.jpg

LAキャリアフォーラムだが面接は5社受けた。うち1つは朝一番に面接を入れていたのだがバスと電車のどっちも止まるというアンラッキーがあった。面接時間は遅らせてくれたのだが面接であわててしまいうまくしゃべられなかった・・。まあ仕方ないと思うしかない。それにあとから見返してみたらその会社に出したエントリーシートが穴だらけ。これじゃ受からないなあといった感じ。

そこ以外の4社ではやるべきことはやれたと思う。ただ、Aというアピールをしても会社によっていいことととるか悪いことととるかは違うだろうと思う。だから面接で話した内容や態度がどう評価されるかはよくわからない。就活とは結局のところ会社と人とのマッチングであると親父の言葉を受け取るしかない。

ロサンゼルスへ

一晩寝たらいざLAへ行って来ます(`・ω・´)ゞ

キャリアフォーラムで行われる面接よりも飛行機に乗るのが不安(笑) 大学まで自転車で行ってそこからバスで空港へ。正直自転車で空港まで行ったほうが早い。片道約9時間のフライトになります。

LAキャリアフォーラムが終わったらすぐリーディングウィークがはじまる。そうしたらいっぱいバイクにのれるかな。リーディングウィークあけにいくつかテストや宿題があるけど、まあロスキャリ後のことはロスキャリ後に考える。

4年も日本に帰ってないから日本語で面接がスムーズに進められるかが不安だ!


IMG_1710.jpg

ロサンゼルスに行くことになった

まあタイトルの通りロサンゼルスに行くことになった。来週末。ロサンゼルスキャリアフォーラムに参加する為。今週になるまで応募した企業から面接のオファーがなかったけど週末で応募したの5社中3つ来たので行くことにした。

これから参加するのに必要な靴やらスーツやらカバンやらを揃えないといけない。また先週分の終わってない宿題と今週分これから出る宿題を終わらせていかないといけない。

ロサンゼルスでサイクリングでもできれば良かったんだけどそうもいかない。宿題に飛行機チケットとホテル予約したりとそれなりに忙しくなりそう。今週のライドは通学だけになりそう。

ロサンゼルスキャリアフォーラムは10/4(土)と10/5(日)に開催。10/3(金)に到着して2泊するか10/4当日到着で1泊にするかのどっちがいいんだろう。今学期がキャリアフォーラムに参加する予定が分かってたから金曜に授業は入れてない。

余裕持って2泊がいいかもなあ~。それか木曜日の夜に出発してLAに金曜朝到着しといてその日はLAでのサイクリングに使うとか?(笑)

アキレス腱炎と今抱えてることについて

シマノR170を試した初日に右足がアキレス腱炎になった。あと少しで3週間経つが未だに治っていない。というのも通学で自転車にのるし週末は普通に走っているから。このまま痛みが慢性化するようではいけない・・・。

自分は今3つのプロジェクトを抱えている。大学とダイエットと就活。15km TTでベストタイムを出すこともプロジェクトの1つだったが右アキレス腱の故障で無理かも。雪が降るまえに今年最後の1TTをしたかったんだけどまだ痛みが消えてない。来年に自己ベスト更新するってことで今年はもうオフシーズンモードに入ってもいいかな。。気温も下がってきて空気抵抗増えてるだろうし。


TTが出来ないこと以外にダイエットにも支障が出ている。大学の授業を利用して朝と昼を減らして夜に食べるような食生活をしている。でも摂取が減っているだけで消費が増やせていない気がする。大学が始まった時点で体重は寝る前で114kgぐらい。それが今朝は108kgぐらいまで戻ってたから順調といえば順調。やっとモントリオールライド前の状態に戻れたといったところか。明らかに筋肉がついている感じがするから多少増えたけどいいやと思っている。ふくらはぎとか筋肉でデコボコしてきたし。筋肉がついたまたは脂肪がなくなったのどちらかが起こっているのは確か。


大学面。今学期は前の学期よりも宿題が少ないと思う。でも先週サボりまくったつけが今週きている。金土日は授業がないので半分ぐらいは終わらせておきたい。でも土日はチャリで走りたい。そしてアキレス腱を痛めるという繰り返しが起きている気がする。30km/h以下でゆっくり走るかねえ。とりあえずストレッチするといいらしいから毎日することにする。


就活面。就活といっても日本の学生ほど活動できない。今年は11月に開かれるボストンキャリアフォーラムを利用した就活をするつもり。とりあえず今週末に電話面接が1つ入った。面接なんてあんまり経験がないから練習のつもりで受けてみる。これを通ればボストンで2次面接という流れだと思う。

一応10月ロサンゼルスキャリアフォーラムに出展する会社いくつかにも応募した。後になって気づいたけどロサンゼルスにくる会社はボストンにも来る。だからロサンゼルスの方は行かないかも。というかこっちには自分の志望する業種の会社はこない。こっちで書類面接を通ってしまった場合は面接をボストンの方でやれないか相談してみるつもり。ちなみに自分が一番志望している業種の会社はまだどこも書類選考を始めていないようで連絡がない。競争率どれぐらいなんだろうなー。希望している業種の内の一社には特に入りたいと思っている。


今学期から大学4年次になったわけだが学業面でやり残したことがいくつかあるような気がする。唐突だけど、小さい頃の夢って叶ったと思う?自分の場合は小さい頃にガリレオやニュートンについて書かれた雑誌を読んで彼らのような科学者になりたいと思っていた。あとダーウィンとか。彼らが科学者だと思っていたから。でも実際に勉強してみるとあいつら科学者じゃなくね?そもそも当時は科学と哲学の線引が曖昧で彼らのことを科学者だと言っていいのか怪しい。

ダーウィンに関しては彼の進化論がかなり間違って広まっているのがよくわかった。よく個体が環境によって進化するとかいうけどそれダーウィンが否定していることだからね。そもそも彼のOrigin of Species読んだけど進化って単語は滅多に使われてない。その代わりにnatural selectionまたはdomesticationという言葉が使われている。今ではダーウィニズムは進化論と結びつけることですら違和感を覚える。そもそもあいつ進化論の証拠なにも提示してねぇじゃん。証拠がないのが証拠だみたいなこと言った奴だからな。科学がそもそもなんなのかの議論をおいておいてもそんな奴を科学者と呼んでいいのか・・。

当時の自分は彼らのような科学者になりたかったわけだけどそもそも彼らが科学者だったのか怪しいから夢自体が矛盾している。夢は叶ったんだろうか?ガリレオ、ニュートン、ダーウィンのような科学者について勉強したい→あいつら科学者じゃねぇ→あれ俺何しに来たの状態でちょっとした消化不良を起こしているのである。そもそもあいつらメディアで持ち上げられてたから興味を持っただけでガリレオを勉強するぐらいならデカルトを勉強した方が為になるし、ニュートンを勉強するならアインシュタイン、ダーウィンを勉強したいなら遺伝子学に行くべきなのである。


風邪をこじらす/なぜバイクにのるか

今日は午後5時半からいつもの15km TTなのだが、昨日から喉が痛かった。そして今朝になって体がかなりしんどくなって、大学の授業から帰ってきたらベッドで身動きが取れなくなった。

少し寝たらマシになったので今こうして記事を書いてるが、今日のTTは参加できそうにない。


しんどくて横になってる間、なぜバイクにのるのかをひたすら考えていた。

自分は今23歳だが、例えばマルコのようなまじめに走ってる人は自分より若かったりする(20歳)。彼はサーベロがスポンサーしてるらしいU23のチームに入るつもりと言っていたが、自分は23歳だからそういうチームには縁がないだろう。かといって24歳以上になると自分より速い人はいっぱいいるだろうし、チームでレースすることに関して全般に縁がないのかなと思う。

競技の為にバイクに乗っているのかと聞かれると、そうでもないなと思う。元はダイエットをするためにバイクを買って、それからロングライドとレースをするようになった。

交通の手段としてのバイクは優秀だと思う。自分の場合はバスの定期を買わずに自転車通学しているが、バスより色々と便利。

じゃあロングライドをするためにバイクに乗っているかと考えると、そうでもない。というかロングライドばっかりしてると色々と都合が悪い。自分はレースにも出るわけだからコンディションを保たないといけない。パワーメーターを持っているからTSS(Training Stress Score)でオーバーワークかどうかを判断するわけだが、走行距離がだいたい120kmを超えたあたりからオーバーワークになる。TSSを150以上かせいでしまい、翌日まで疲れが残ってしまう。

ロングライドはたまにやるからいいのであって、毎日ようにするものではないなと思った。次の日まで疲れが残ると毎日走れなくなり、毎日運動することが基本のダイエットという観点からあまり好ましいことではない。


身近な交通手段ということ以外で、何のためにバイクに乗るのだろうか。15km TTなんかは走ってる途中でほぼ毎回吐きそうになるし、好き好んでやるものじゃないかもしれない。でも、苦しいレースだからこそ表に出てくる自分の顔というものがあるんじゃないかと思う。いわゆるスポーツハイというものか。自分の知らない一面を垣間見るのは単純に嬉しい。

また、自分のように脂肪だらけの体でも、戦略をたてて実行していくことでよりフィットな他のレーサーを追い抜くのは快感。


ダイエットの為に走っているのか?それなら体重が落ちきったらもう走らなくていいということになる。走ればいっぱい食べられるから走るというのは悪くない考え方だとは思う。でもこの場合は減量ではなくてdiet(生活習慣)改善の為に走っているということになる。

大学の夏学期が始まってから体重が減るどころか少し増えているので、最近の自分はこういう感じなのかもしれない。


とまあ風邪で重く感じる頭でごちゃごちゃと考えたが、結局よくわからないのであった。


留学生の一時帰国について

いつも不思議に思っているのだが、私の知っている日本人留学生達はかなり頻繁に日本へ一時帰国している。夏休みは数ヶ月空きができるから帰国するのは分かるのだが、どうやら数週間しかない冬休みも帰国している人が結構いるようだ。一方私はカナダに来てからは4年間一度も帰国していない。

私が知っている人は主にアメリカかカナダかイギリスへ留学しているのだが、日本への往復飛行機代で最低でも10万円はするんじゃないかと思う。おそらくそれ以上するのではないか。ということは夏と冬の帰国で年20万円は使っている計算になる。ちょっとおおすぎやしないか。これだと私は4年間一度も帰ってないので、80万円セーブしたことになってしまう。冬休みは現地にいるよという場合ですら、40万円はセーブしている計算だ。

夏休みの帰国にはちょっとしたトリックがある。例えば私の通っているオタワ大学では、春の5月には全ての授業と試験が終わる。そして9月の頭に授業がはじまる。ということは約3ヶ月は夏休みということになる。この3ヶ月を現地で過ごした場合家賃が3ヶ月分かかる。一方日本へ帰国すれば、親元で滞在できる人は家賃がかからない。このようにして、現地でかかる家賃の分を帰国する為のチケット代にしているわけだ。

私は夏学期に授業を受けて卒業時記を半年前倒しにしているからこの案は使えない。私はカナダで学士過程を終了するのに合計5年半かかってしまうのだ。だから夏学期を利用し半年前倒しにして5年で卒業ということになる。さらにこの案でいくと9月に現地入りした時は住む場所がない。滞在場所を一から探さなくてはいけないというデメリットがある。9月といえば大勢の新入生が入る時期であり、安い滞在場所はすぐに取られるはずだ。よって夏休みに帰国する人は、より高い家賃を払うか、夏休み中家賃を払い続けるか、のどちらかを選ばなくてはいけないのではないかと私は考えている。

イギリスなんかは留学生向けのファウンデーションプログラムというものがある。現地の大学1年次を英語の勉強に使うが、その後3年で学士過程を修了できるという便利なものである。このことも考慮に入れると私の方が毎年帰国する人よりも滞在費を使っている可能性はある。

帰国していないことを言い訳にロードバイクへお金をつぎ込んでもいいのだが、現地で色々買えば帰国しているのと同じぐらいお金を使っていることになるから気をつけねば(笑)

Pagination

Utility

プロフィール

とら

Author:とら
ブログ移行しました。
http://lunt.hatenablog.com/


ヾ(☆OωO+)ノ
小さい頃からデブで良かったと思わなくもない。

オタワ(カナダ)の大学生
1. 自分の家の周りが自転車道だらけであることを知り、MTBを買う
2. ロードバイクに抜かれるのが嫌でロードバイクを買う
3. 減量がうまくいく←いまここ

ヽ(´ー`)ノ
ブログランキングのバナーを記事書く度に貼るのが面倒だからここに。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村