fc2ブログ

成長とはなにか 私のアプローチ

成長とはなにかの続き。前の記事では以下の点を指摘した。

成長の本質を求める上で、

共通項=本質

と考えた場合でさえ、

成長をした経験の共通項≠成長の本質

である。なぜなら、

成長をした経験≠成長

だからだ。



経験は経験対象ではない。例を用いさせてもらえば、

大学生の経験≠大学生

大学生の経験が大学生そのものと同じであるはずがない。大学生の経験は大学生の十分条件である。つまり、大学生の経験は大学生でなくてはできない。だが逆はそうではない。大学生のやることは大学生の経験だろうと言う人もいると思うが、大学生と大学生のやることは同じではない。大学生という人と、大学生の行う行動の違いであるといえる。




この批判を考慮した上で、成長の本質とはなにかを考えるにはどうすればいいだろうか。3通りのアプローチが考えられる。

1. 成長をした経験こそが成長の本質そのものだという点を別の主張で補う。(私の批判への批判を行う)
2. 経験以外のところから成長の本質へアプローチする。(アプローチを変える)
3. 諦めて成長の本質を空白にする。(アプローチしないというアプローチ)

1は私が行った批判の批判があれば考慮するべきだ。だが私は思いつかないので2か3のどちらかを選ぶしかない。自分が取るのは2だが、まずは3について少し書かせてもらう。

3はカナダ人がよくやる私の嫌いなアプローチだ。つまり、考えてもわからんから多様性という言葉でくるんで勝手に決めろという個人主義である。しかしこの考え方は大きな欠点がある。というのも、個人で勝手に成長の本質を決めていいということは、私が勝手に成長の本質を決めていいということだ。私が論理的手法を用いて成長の本質を導き出せたとしたら、それは私にとっての成長の本質だ。でも、論理的手法で導き出してしまったら、それは私だけの本質と言えるだろうか?とりあえず言えるのは、2と3は私にとって同じ選択肢であるということだ。



メタな視点に立ってみよう。"成長とはなにか"という疑問は、なんだろうか。まず、言葉である。誰かが誰かに意思を伝えるために発した質問ではないから、意思疎通を図っていないことが分かる。これが回答することの難しさを作り出している。そう、この疑問には正しい答えがあるかはわからない。

俺がまずやらなくてはいけないのは、この疑問には正しい答えがあるのかという点を考えることだ。これは実は簡単だ。成長とはなにかという疑問は、言語で表されている"成長"の本質を問いている。言語が表せる意味の限界を考えると、言語で表せる本質は、言語で表せるはずだ。そして成長という言語で表されている。つまり、

問われている成長の本質は、言語(日本語)の表せる限界の内にある。

私はここで、"成長の本質"から"問われている成長の本質"への発想の転換を起こしている。成長の本質を答えるのは間違いであり、問われている成長の本質を答えるのが、この疑問に対する正しい回答だと考える。

ここで起きている発想の転換がわかりにくいかもしれないので追記
単語Xは言語Yに所属している。(成長と日本語の関係)
私達が問いている本質は、"成長"という単語を用いて発せられている。
つまり、日本語で表現できなかったとしたら、それは求められている本質ではない。("成長"という単語が日本語のため)
よって、私達が求めている本質は、日本語で表現できるものである。
この点から、私達は成長という単語をどう使うか、どういった意味合いをもたせるかを考えることへシフトした。





私達はどういった時に成長という言葉を使うだろうか。この単語について考えてみると、以下の様な特徴がある。

1. 隠された主語がある。
成長するということは、何かが成長するということだ。つまり、隠された主語がある。考察において、Xが成長の主語であると考えて進めていく。

Xが成長する

2. 変化がある。
Xが成長するということは、Xに関することでなんらかの変化が起きていることが伺える。

Xが成長する→Xが変化する

3. 良い変化である。
"Xが成長する"、と"Xが変化する"という文は同じ意味ではないと思える。私達が成長という単語を使う時、変化が起こっているだけでなく、その変化はXにとって良い変化であるという意味合いが付くのではないか。ちなみに英語でいう成長(Growth)はその限りではない。ただ、疑問が日本語で発せられていることから、日本語で回答するものとする。

Xの変化とは、Xにとっていい変化である



上記の3点をまとめると、以下になる。

成長≡Xの成長≡Xの良い変化



今回の成長とはなにかというトピックではこれ以上掘り下げないことにする。なぜなら、さらに議論すべきことが出てきたからだ。変化という言葉は、以下のように現状とは違うものになるという定義ができる。

変化=N+1

一方、"良い"とはどういうことなのか。これは倫理学で研究されていることだ。ここから先に進むには、この点を深く掘り下げなくてはいけない。


皆さんの課題、"良い"とはどういうことか。


ぜひ考えてみてほしい。



追記

ところで、Xが変化するといった場合、変化前と変化後は同じXではないのである。Xt1が変化してXt2になるのである。その変化がXにとっていいものだと言った場合、Xt1にとってなのか、Xt2なのかが明記されていない。成長は成長前と後の自分のどっちにとっていいものなのかと考える必要がある。これはとても面白い視点だと思う。
スポンサーサイト



成長とはなにか 既存の議論が抱える問題点

就活生やら社会人が"成長とはなにか"という疑問に答えようとしていることがある。だが、彼らのアプローチはほぼ全て間違いだ。100人で考えようが、1000人で考えようが、間違っているものは間違いなのだ。それを指摘したい。

まず、他の人がどうアプローチしているかを調べた。と以下のブログが出てきた。
「成長とは何か」を自分の言葉で定義せよ

この記事で書かれているような方法でアプローチしているのがだいたいだろう。まず批判を述べ、次に自分の見解を述べようと思う。

この記事では以下のようにアプローチしている。

私は研修で「成長するとは何か?を自分の言葉で定義せよ」という演習を行っている。具体的には、各自にこれまでの仕事のなかで「いちばん成長できた経験」をあげてもらい、グループで共有する。そして、そうした自他のさまざまな経験エピソードを踏まえたうえで、「成長すること」の本質は何かを抽出し言語化する作業を行う。


つまり、自分が成長できた経験を共有し、それらの共通項を本質と考え、それを成長だとするアプローチを行っている。




しかし、こんなやり方で成長というものの本質が見えるわけがない。このアプローチは、まず、本質という単語を使うこと自体が間違いである。

本質とは一体なんなのか。成長という単語が示しているものが成長の本質ではないか。もちろん成長という単語自体ではない。筆者のアプローチは成長をした経験から成長の本質へアプローチしている。

共通項を本質として扱うことの是非は別に議論されるべきだが、その点を無視しても、この方法では正しい結論を導き出せない。なぜなら、成長をした経験は、成長の本質ではないからだ。成長をした経験の共通項は、成長をした経験の本質である。成長の本質ではない。つまり彼らが行っているのは、成長とは何か?という疑問を、成長をする経験とは何か?という問題定義にすり替えている。自分は本質という単語が大嫌いだがまた使わせてもらえば、問題の本質をそもそもつかめていない。

私達は、もともとの問題の難易度に向かい合った上で答えを出さなくてはいけない。勝手に問題をすり替えて難易度を下げていいわけがない。つまり、筆者と研修に参加した人達は問題を間違った方法でとらえ、間違った答えを出しただけである。



同じ理由で、自分の経験で具体的に何がどうなったかなどという方法で成長というものを定義することはできない。成長の経験における共通項は、成長の本質ではない。

私達が求めているのは成長というものの本質だ。それはなんだろうか。成長をXとした場合の本質Yは以下の条件を満たさなくてはいけない。

X≡Y (意味が分かる人用)

一方で、一般的な答え、例えば以下の様なものは、この条件を満たせていない。

・成長とは、限界の幅が広がること



これらは、
[成長→限界]であり、[成長≡限界]ではない。[成長≡限界]は[(成長→限界)&(限界→成長)]である。


記号論理を使わずに言えば以下になる。

成長は限界の幅が広がることに対する十分条件である。

つまり、

限界の幅が広がるのは、成長じゃない要因でも起こりえる。

よって限界の幅が広がることは成長の本質ではない。成長していない時でも自分の限界が広がることがあるからだ。(例えば、飛行機のチケットを買えば成長か?車を買えば成長か?自分の移動限界が広がっているのが自分は成長していないはずだ。)

成長の本質Yは、成長がYの十分条件かつ必要条件であり、Yが成長の十分条件かつ必要条件でなくてはならない。でなければ成長の意味が変わってしまう。




ちょっと長くなってきたので自分の見解は別記事にする。ヾ(☆OωO+)ノ

ロストした人は次の記事の冒頭でこの記事の主な批判を簡単にまとめてるからそれを参考にして。
成長とはなにか 私のアプローチ

"自己紹介をしてください"

就職活動の面接で聞かれるものの中で、答え方がさっぱりわからなかった質問がある。それは、"自己紹介をしてください"というもの。

回りにいる人達が言うには、自己紹介は自己PRをする場らしい。ではなぜ面接官は自己PRをしてくださいと言わずに、自己紹介をしてくださいと言うのだろうか?自己PRをしてほしいのに自己紹介を求めるのは極めて非合理的だ。利益を上げる会社としてそういうわけのわからないことをしているところがあったとすれば、そこは地雷だろう。こういったことから、自己PRじゃない何かを求められているのは明らかじゃないだろうか。では自己紹介とは一体何をすればいいのだろうか。

名前、性別、年齢といった自分のパラメータを言うものなのだろうか?だが、そういった情報は渡した履歴書により詳しく書いてあるし、手元にある資料を読みもしないで相手に聞く人というのはいかがなものか。自分で知ろうとする前に相手に聞くという、ネットで言われる"ゆとり世代じゃあるまいし"という言葉が最適だろう。ちなみに自分はゆとり世代を批判しているわけではない。ちなみに自分は自己PRも履歴書に書いている。あえて口頭で、それも書いてあることと同じか違うのを言うか悩ませてまで聞きたいことってなんだろうか。

上記の2つの可能性を除くと、面接というシチュエーションで自己紹介をしてくださいと相手に聞くには二通りの理由が考えられる。

1.社内で自己紹介といえば〇〇だという宗教的な状態になっている。
2.自己紹介をしてくださいと、意思不明な言葉を使い相手の反応を見ている。

1の場合、その会社に入らなくて正解だ。会社というか、宗教法人会社と言った感じだ。Aといえば皆が口を揃えてAという感じなのだろうか。嫌いな単語をあえて使うとすれば、そういう社風なのかもしれない。だが、その場合は求人票によく書かれている"風通しのいい社風"だとか、"自分の意見がいえる"だとか、"手をあげたらやりたいことがやれる"といったことと矛盾しないだろうか。それとも、社内では矛盾しないようにこれまた不思議な宗教的共通認識が存在するのかもしれない。とりあえず入らなくて正解だ。

1がありえないとなれば、残る可能性は2しかない。自分は自己紹介をしてくださいと聞かれたら、この質問で相手が何を求めているのかを知ろうとするようにしていた。自己紹介ってどういったことをお話すればいいですか?と聞き返していた。自分は自分がやれる限りのコミュニケーションを人事の面接官ととろうとしていた。

こう聞き返したのはこれまでの考察があってからだから、2の意図で自己紹介を求められているのなら自分の回答は評価されるべきなんじゃないだろうか。コミュニケーションをきちんと行おうとしている、さまざまな可能性を考察して最適な対応をしている、といった評価がされてもおかしくないと自分でも思っていた。

が、自己紹介を求めてくる会社はどこも一次面接を通過できなかった。自分の逆質問に対してろくな返事をしてくれない面接官もいた。面接でコミュニケーションがろくにとれない人事がいる会社は、行かなくて正解だろう。

ここまでの考察してきたが、未だに自己紹介をしてくださいとの問いへの答えがわからないのである。自分の気づいていない視点があればぜひ聞きたい。


以下に自分がどう考えていったか簡単に書くけど、意味が分かる人用。
1. Suppose 意味が通じる
2. 意味が通じる→(自己PR v 履歴書)
3. 1-2より 自己PR v 履歴書
4. ¬自己PR
5. 3-4より 履歴書
6. ¬履歴書
7. 5-6に矛盾、よって¬意味が通じる
8. 7より、意味が通じない


背理法で意味が通じないが導き出せる。


追記:ちなみにだが、自分が内定をもらった大手IT会社の面接では面接官が履歴書をちゃんと読んでくれた。

ブログどうしよう

さて、ブログを再び書き始めるにあたって、考えなくちゃいけないことがある。
ブログに何を書いていくかである。

今まではオタワでロードバイクでロングライドしたりレースに参加したりといった内容で書いてきた。でも仕事が始まるとそうもいかないと思う。ロードバイクはあくまで趣味という扱いになって、土日に走ったりとその程度になるかと思う。

仕事だけど、2015年10月入社の予定。入社してしまうとブログで何を書いたらいいのかがさっぱりわからないのである。週末にサイクリングをするだけならブログを書くほどでもないだろう。仕事に関係する話なら、書ける範囲でなら書いていけるが、さてどういう方向性になるのかがまだわからない。

ブログを書くことは義務ではない。書くことが自分にとってメリットをもたらすから書くというのが自分の方針。ではそのメリットとは何になるか。それをもう一度考えなくてはいけない時期に来ている。


まず、自分は仕事を通してやりたいことがある。そんでもってそれができるっぽいところから内定をもらえた。待遇も自分からすると相当良い。具体的にいえば初年度年俸で親父と同じか少し超えるかぐらい。こういったことから、自分の生活はあくまでも仕事が中心になっていくと思う。そうなると、自転車は仕事の為に続けて行くものになると思う。

自分の就職先は俗にいうITコンサルで、総合職として採用された。セールス、コンサルタント、エンジニアのうちどの部署に配属されるかはわからないが、どれも基本的にはオフィスワークになる。仕事で体を動かすことがあまりないから、趣味でそうするというのは体調管理面や頭のリフレッシュという意味でいい組み合わせだ。会社の事業内容からして知識労働がメインになるので、頭のリフレッシュというのは特に大事。

就職する前に奇しくも就職先の仕事に合う趣味を持っていたということになるかと思う。さて、この仕事と趣味のバランスをどう取っていくかというのがこれからは重要になるのではと思っている。とりあえず今シーズンはオタワにいるので、日本に帰ることをもっと意識し始めた頃ぐらいにもう一度考える。

就職活動終わった

2014年10月から本格的に始めた就職活動がやっと終わったみたい。
まだメールでだけど内定の連絡をもらった。
結構長いことやってた気もするけど、実際は3か月ぐらいしか活動していなかった。
海外から日本で就職をするというハードルもさることながら、中間や期末試験で忙しいときにロサンゼルスに行ったりボストンに行ったり・・。

まあ、とりあえずは落ち着きそうなので時間がある時にブログ更新していこうと思います。
ちなみに初任給でニューバイクは買わないゾ!

Pagination

Utility

プロフィール

とら

Author:とら
ブログ移行しました。
http://lunt.hatenablog.com/


ヾ(☆OωO+)ノ
小さい頃からデブで良かったと思わなくもない。

オタワ(カナダ)の大学生
1. 自分の家の周りが自転車道だらけであることを知り、MTBを買う
2. ロードバイクに抜かれるのが嫌でロードバイクを買う
3. 減量がうまくいく←いまここ

ヽ(´ー`)ノ
ブログランキングのバナーを記事書く度に貼るのが面倒だからここに。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村