fc2ブログ

職種について

日本国内での就職活動はよくわからないので何も言えないが、海外で正規留学をしている人、特に自分と同じで人文系にいる人に向けてなら言えることがある。"職種選び"というものに気をつけてほしい。

職種というのは、総合職と一般職(バックオフィス)というのに分かれる。前者が会社が商売をしている内容になり、後者は経理や人事といった会社の運営になる。自分は前者しか眼中になかった。自分の場合は元々BtoBメーカー志望。そもそもメーカーというのは何かを作って売る会社のことだから、総合職として作る人と売る人が必要になる。つまり、技術系の職種と営業系の職種である。技術系の職種というのはほとんどの場合、大学等でそれを専門として勉強した人しかなれない。なので自分の場合は消去法で営業系に応募していた。でもこれが間違いだった。

営業系は新卒だと営業職ぐらいにしか応募できないのだが、営業というと売る人である。つまり売れない人だとダメなのだ。面接ではおそらくそういったところを見られていたんじゃないかと思う。自分の場合は専攻が哲学。営業先でまともな会話もできないことが予想される(苦笑) 就職活動で経済学生が有利というのは、こういった理由が考えられると思う。自分は営業志望で何度も応募したが、全て無駄だったのではないかと思う。技術も営業もダメとなると、はてさて何が残っているか。

営業というのはどの会社でも何かを売るという行為に変わりはないけど、技術というのは業界によって変わる。例えば繊維業界なら化学の繊維系の知識が必要になるから、そういったことを勉強した人を採用する。自分の行くIT業界の会社でもIT系を学んだ人を主に採用している。でも、ITといってもプログラミングなんかは入社後に身につく程度の知識しかいらないのだ。だから知識がない人の応募を受付けている会社がいくつかある。小さいところよりも大手にその傾向が見られると思う。専門知識が必要なことは外注することが多いからかな。

そこで、キャリアフォーラム等を回るときには、会社の募集職種に気をつけてほしいと思う。より具体的な職種が明記されていたら、それは具体的なスキルセットや知識が要るということ。逆に、総合職採用とかって大きな括りで募集している場合は入社後に必要な知識を叩き込むのではないかと思う。あと、自分が売れない人だと思ったら営業は諦めること(笑) ただ営業といってもセールスとプリセールスに分かれていて求められるものが違う場合もあるので、それこそ募集職種に注意を払って欲しい。

そしてもっと大事なのが、自分は○○職にしか応募しない、といったように応募職種を限定しないこと。自分に合っている職種がないと思ったら志望業界を変えてみて欲しい。ちなみにコンサルタントという職種(?)があるが、あれは営業系や技術系とはまた違ったものだから、興味があれば受けてみるべし。
スポンサーサイト



ウィンターライド

リーディングウィークで天気がよかったから家でローラーを回すのをやめてアルミロードで90分ぐらい走ってきた。途中で自転車道路が雪で使えずに高速に入っちゃたがすぐ出られてよかった。

ちょっと撮影モードを変えるのを忘れて写真が全体的に青くなった。
4 (2)

サブウェイのBLTサンドのフットロング(12インチ)チーズなし。実はこれこのサイズでチーズなしなら650kcalなのである。パンが大きいから塩分がちょっと不安ではあるが。
4 (1)

今年も去年と同じく冬が長引きそう。4月の中旬までに雪があらかた溶けていることを祈るしかない。体重は塩分を抑えている状態で113kgちょっとまで落ちていた。

帰国までの減量実行計画

  • 2015/02/19 14:19
  • Category: 減量
おそらく7月の頭に日本へ帰国するだろうということで、それまでに体重90kgまでの減量を達成するべく計画を立てた。現状がだいたい115kgなので、残り25kg減量する必要がある。期間は2月19日から6月30日までの3ヶ月ちょっと。132日になる。

まず、去年の走行データを見る限りでは4,5,6月の消費カロリーがずば抜けて高い。2,3月は雪の関係であまり外で走れないこと、大学の授業が4月の頭で終わることから、この3ヶ月が要となる。
WS000023.jpg

大学の授業だが、4月の頭で終わってそこから4月の終わりまで試験期間になる。テストやエッセイを書かないといけないが、運動する時間の確保は容易なはず。

2月の残り10日と3月の31日、合計41日それも室内ローラーでじゃあまりカロリー消費はできないかと思う。8kgも減量できればいい方で、おそらく5kgぐらいになるんじゃないかと思う。ということは残りの20kgを4,5,6月の3ヶ月間で燃やさなくてはいけない。去年のデータからすると可能であるはず。

1kgの脂肪は7000kcalと考える。そうなると3ヶ月間で140000kcal燃やせばいいことになる。毎月約46666kcalの消費。この3ヶ月で91日あるので、毎日1538kcal燃やせば目標達成になる。食事のコントロールも継続するから、まあ達成可能な数値だと思う。

毎日1538kcal燃やすことの障害になりえる要素を1つ1つ考えていく。主にチャリで消費するわけだから、チャリをこぐ人(俺)とチャリ本体(機材)と、走るには走る場所と時間がいる。

チャリをこぐ人
こぐ人が抱える問題は主に2種類。メンタル面とフィジカル面。メンタル面の問題は走るのに飽きること。去年の走行データから可能な限りいろいろなルートを作成する。また、オタワバイシクルクラブのグループライドに参加したり、去年ロードを買ったA君と頻繁に走りにいくようにする予定。

それでも一人で走らなきゃいけない日はあると思う。そういう時は食べ物で自分を釣る。走行ルートに食べ物が買える場所を入れる。携帯しやすいロックはあるけど、それでもチャリから目を離すのは怖いから、この辺は改善が必要。なんとかせねば。

あとは翌日あまり走れなくなるけど今年も2日で400kmぐらい走るリドーレイクス、モントリオールまでの往復、200kmライドといったものを考えている。

フィジカル面はとりあえずプロテインパウダーの常備を考えている。これだけで十分かな?

機材
去年の走行からチャリはかなりオプティマイズされている。1つ気になるのはハンドルバー。EASTONのEA70にするつもり。あとバーテープはボントレガーのジェル入りを試してみようと思っている。グリップとクッションが欲しい。

サイクリングウェアは去年の夏と秋に利用したものをそのまま利用。追加で何着か買ってもいいかも。できれば春になる前に購入を済ませておきたい。

走る場所
こぐ人のメンタル面で出てくる解決法がそのまま解決案。

走る時間
去年はまともなライトを持っていなくて夜間走行が難しかった。でも去年の秋にヘッドライトを買ったから今年は夜間走行が可能になる。なので日没を気にする必要はなくなった。

天気についてだが、去年は雨がふったら室内ローラーを1時間ぐらい回していた。問題はローラー用タイヤやホールに変えなければいけなかったっこと。この問題に関しては、去年の秋にタイヤをルビノプロスリックにしたことでタイヤやホイールを交換しないでローラーが利用できるようになった。多分コンチ4000SとかミシュランPRO4とかその辺の高いタイヤには戻らないと思う。速さより大事なものがある。



これで問題になりえる要素全部に触れたと思う。一番の問題は一人で走る時チャリから目を離すときに感じる不安。盗まれないんだろうけど、目を離すこと自体が怖い。なんとか解決策を考えねば。

可能な解決策といえば、チャリを店内に持ち込める店を探して利用するとか。そうすると走行ルートの種類が減るからあまりよくないか・・。

補給食を事前に用意しておいて、そもそも店に入らないというのも1つの案。でも毎回同じ補給食は飽きるし、昼や夜ご飯にするにはちょっと足りない。

さてどうするべきか・・・。


ビットリア ルビノ おつかれさま

  • 2015/02/18 10:31
  • Category: 通学
リーディングウィークに入る前ぐらいからアルミロードのホイールに違和感が。一定周期でゴンゴンといかにもタイヤがデコボコになったような感触がするのだ。タイヤのビードがダメになったかホイールがふれたかのどちらかだと思ったのでホイールを確認したがそんなにふれていない。となるとタイヤ。雪に突っ込んだり滑ってこけたりとかなりハードに使ってるのに、よく2冬も持ったものである。

ちょうどいいので自転車屋Pecco'sまでランニングしていく。ゴアテックスのシューズを手に入れたからこういう時便利。大学に行くにもこのシューズばっかり使っている。

1 (2)

とりあえず必要な物を調達。スポーツドリンクパウダーは賞味期限が1ヶ月過ぎてるらしく、タダでもらった。タイヤはコンチネンタルのウルトラスポーツ2。初めて使う。
1 (5)


1 (4)

前のビットリアルビノはもう穴があきまくりで、パンクガードもボロボロ。交換して正解だった。
2 (1)

ところで今使ってるGiyoのタイヤレバー、めっちゃ使いやすい。今までコンチやらパークツールやら使ってきたけど、これが一番良い。
2 (2)

ジョーと論理学

  • 2015/02/16 14:57
  • Category: 哲学
2chでは以下のコピペが使われることがある。

論理学
ジョーは酒場で論理学の教授と知り合った。
「論理学ってのはどういったもんですか?」
「やって見せましょうか。お宅には芝刈機があります?」
「ありますよ」
「ということは、広い庭があるわけですね?」
「その通り!うちには広い庭があります」
「ということは、一戸建てですね?」
「その通り!一戸建てです」
「ということは、ご家族がいますね?」
「その通り!妻と2人の子供がいます」
「ということは、あなたはホモではないですね?」
「その通り!ホモじゃありません」
「つまりこれが論理学ですよ」
「なるほど!」

深く感心したジョーは、翌日友人のスティーブに言った。
「論理学を教えてやろう。君の家には芝刈機があるか?」
「いや。ないよ」
「ということは、君はホモだな!!」


このコピペの解説がどれもこれもおかしいのでちゃんと解説しようと思う。解説してる人たち、絶対に論理学やったことないだろ。

論理学には仮定のオペレーターというのがある。フランスだと→ という記号が使われることが多いらしい。それで、P→Qは if P then Qという仮定文になる。論理学はtruthfunctional value(真理価値)というものを示す言語であって、フォーミュラPや文P→QにはTrueとFalseのどちらかの価値が与えられる。論理言語を元に作られているPCの電気信号でいう1と0である。

で、このコピペを記号で表していこう。

芝刈り機がある→広い庭がある
広い庭がある→一戸建てである
一戸建てである→家族がいる
家族がいる→妻と2人の子供がいる
妻と2人の子供がいる→ホモではない



となる。この文のセットは以下の文と同じ真理価値を持つ。

芝刈り機がある→ホモではない



そこら辺の解説では

ジョーは
芝刈り機がある=ホモではない
芝刈り機がない=ホモである
と勘違いした


とかかれているが、これは間違い。→という記号で表さないと真理価値が全然違うものになる。


P→Qという文章は、PがQに対する十分条件であり、QがPに対する必要条件である。真理価値のテーブルを作るとわかりやすいが、今回はそこまで論理学をするつもりはないので割愛。

P→Qという文がTrueであれば、PがTrueの時にQがTrueになる(conditional)。一方、P→Qという文がFalseであれば、PがTrueの時にQがFalseになる(negated conditional)。

Pの時は絶対にQが出てくるが、Qの時はPが出てこない場合があるという感じ。だから、例えばR→Qという文が書かれていないが実はどこかにあって、RがQを成立させている場合がありえる。その場合はPがFalseでもQがTrueになることもある。

そして、

芝刈り機がある→ホモではない


と同じ真理価値の文章は

ホモである→芝刈り機がない


なのだ。対偶(contraposition)というらしい。これは

芝刈り機がない→ホモである


と全く違う真理価値を持つ文章だ。十分条件と必要条件がひっくり返っている。ジョーはこの辺りの対偶関係を間違えたということになる。

個人的にこのコピペの笑いどころは論理学の教授がジョーに論理学を教えなかったというところにあると思っている。まあ、多分書いてる本人が論理学分かってなかったんだろうって気もしなくはない。

卒業式は6月

ついにこの時が来てしまった。

Untitled_20150213141622f47.png


卒業式に参加して学位をもらうための登録手続きをしてくださいとのこと。ついに最後の学期かと思ったら、それももう半分が終わり、残る授業は1.5ヶ月のみ。何をするかも決まっていない状態でカナダにきて一人暮らしを始めた4年前が懐かしい。

新宿のとある私立校に通い、卒業後はどの学校に行くかも決まっていない状態でカナダのモントリオールへ渡航した。高校にいた頃にTOEFLを受けていて、選ばなければ英語圏の大学に入れるぐらいのスコアはあった。それでもモントリオールにこだわったのは、そこが自分の生まれ故郷だから。

小学校の頃から自分は普通にしているだけなのに回りとどうにも合わなかった。日中のハーフだから回りからそういう目で見られたというのが大きいと思う。ちなみに高校3年までは親に言われても自分がカナダ籍を持っていることを信じていなかった。モントリオールにこだわったのは、自分が生まれたらしいところで生活してみることで、自分が自分であることを受け入れる第一歩にしたかったから。

今は単位を落とさないようにしつつ減量を継続!来るべきその時に向けて刃を研ぐのである。

内定までの流れ

2015年の1月に自分の就職活動は終わった。後は6月の卒業に向けて単位を取るだけ。まだメールで内定の連絡をもらっただけでいまいち実感がないが、カナダのオタワ大学にいる自分がどういう就職活動を行ってきたかをまとめておこうと思う。

就職を意識し始めていろいろと調べるようになったのはちょうど1年前の今頃。2014年の冬からだった。こっちからだと就職活動という日本にしかない変な現象についての情報が一切手に入らず、ネットに頼るしかなかった。今オタワ大学には自分の知る限り2,3人の日本人がいるけど、就職活動をしたという参考にできそうな先輩は一人もいない。

とりあえずキャリアフォーラムを行っているCFNとリクナビ国際派就職の2つに登録した。海外から日本の会社へ就職するとなると、一番有名なのはCFNのキャリアフォーラム(CF)だと思う。2014年から2015年にかけては、東京サマー、ロサンゼルス、ボストン、東京ウィンター、とサンフランシスコで行われている。中でも一番大きいのは3日間開かれるボストンキャリアフォーラムで、参加は200社ぐらいになり、11月に開催される。が、実は東京サマーが一番大きいらしい。

2014年の春ぐらいから自分の卒業時期と入社時期が合うCFNのオンライン求人にエントリーしていった。でも返事がこないのはあたりまえで、意味がなかったと思う。今はどうかわからないが、オンライン求人が使えないとなるとやはりキャリアフォーラムに頼った就職活動になると思う。

自分は10月のロサンゼルスCF、11月のボストンCF、そして12月の東京ウィンターCFに参加した。最初はBtoBのメーカー系かインフラ系に行きたいと思ってて、そういった会社に事前応募してCF当日に面接を受けた。ロサンゼルスで受けたのは覚えている限りで、三菱電機、PFU、大阪ガス、キトー、ロームの5社。全部落ちた。正確には応募していないけど、実はワークスアプリケーションズとはこの時に少しやりとりがあった。まあ今それはいい。応募した会社のうち、結果の連絡がこないところが多かった。

11月のボストンCFではBtoBメーカー、インフラ、あと商社を主に受けて行った。なるべくいろいろな会社を見ていこうと思って、かなり無茶な受け方をしていた。応募して面接の予約を入れたのは以下の16社。

東京ガス、日揮JGC、阪和興業、ヤマハ発動機、エレコム、キリン、リブコンサルティング
日立製作所、日立情報通信エンジニアリング、日立コンサルティング、日立化成
トタニ技研工業、東レ、扇港産業、住友重機械工業、住友電工

BtoB系で働きたい気持ちが強く、炭素繊維が面白そうだから東レが第一志望だった。まあ全部落ちた。この中で、エレコムはCFNが新しく始めた就活エージェントさんからの紹介で、ここだけ2次面接にいけた。CFで就活するならCFNのエージェントには登録しておくべきだと思う。

スケジュールがギリギリすぎて商社とキリンの面接は全部キャンセルした。応募すれば簡単に面接オファーがもらえたから調子のってたと思う。キャリアフォーラムは書類がめっちゃ通りやすい。その代わり面接でめっちゃ落とされる。覚悟しておくべき。

落ちたけど一番受けてよかったと思ったのは日立コンサルティング、次がリブコンサルティング。実はメーカーやインフラ系だと面接官がまともに話してくれないことが多かった。面接の形式が一方的な質問で、得るものがなかった。一方コンサルティング会社はどちらも会話ができ、自分のやりたいことや考えの甘さを認識できるという意味で得るものが大きかった。国内学生の就活でコンサル系の選考が早い時期にあるって聞いたけど、かなりの利点だと思う。自分と同じようになるかはわからないけど、これから就活をする人はぜひコンサル系の会社を最初の方に受けてみて欲しい。

ボストンCFから東京ウィンターCFまでの間にリクナビ国際派就職のエージェントを通して20-30社ぐらい応募した。非公開求人もあると思うので社名は書かないが、書類が通ったのは3社だった。そのうち小さめの商社は大阪で遠いので選考辞退。もうひとつの大手保険会社は海外だと授業がある日程で選考会が行われたので参加不能で辞退。最後の広告代理店は一時帰国時に会社まで行って面接を受けたが落ちた。

最後。東京ウィンターCFではITコンサルを中心に、というかITコンサルしか受けなかった。就職活動の戦略に変化があり、狙いをかなり絞った。そのあたりについては次の記事で書くつもり。面接を受けたのは以下の6社。

日立システムズ、日立ハイテクソリューションズ
フューチャーアーキテクト、SAPジャパン、WORKS GROUP

他にも時間があったからウォークインで数社受けて落ちたけど省略。日立系列の2社は選考の変更が前日に告知されたりとめちゃくちゃだったのと、気になるところの説明会と時間がかぶっていたから辞退した。

なるべく勤務先をおおっぴらにしないよう一部削除

とまあ、とりあえず自分は職場のある六本木・虎ノ門辺りで社会人としてスタートすることになった。といっても最初の半年は研修だが。続きは次回。


一日中雪

  • 2015/02/05 08:22
  • Category: 通学
今日は一日中雪が降り続いていた。

朝はまだ普通に自転車で走れたのだが、帰りが無理すぎた。

道路の上はまだ走れた。でも車が常に渋滞状態で、道路に走る隙間がない。


2015-02-04a.jpg

2015-02-04 b

下りだけは楽だったが、それ以外は自転車ないほうがよかった。

Pagination

Utility

プロフィール

とら

Author:とら
ブログ移行しました。
http://lunt.hatenablog.com/


ヾ(☆OωO+)ノ
小さい頃からデブで良かったと思わなくもない。

オタワ(カナダ)の大学生
1. 自分の家の周りが自転車道だらけであることを知り、MTBを買う
2. ロードバイクに抜かれるのが嫌でロードバイクを買う
3. 減量がうまくいく←いまここ

ヽ(´ー`)ノ
ブログランキングのバナーを記事書く度に貼るのが面倒だからここに。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村